勃起不全を解消する方法

勃起不全の原因にもなるペロニー病の情報

ペロニー病という言葉を耳にしたことはあってもそれがどういう病気かという情報まではよく知らないという人が多いことでしょう。

芸能人の中で罹患した人がいるという情報はどこかで聞いた覚えがあると思われますが、ペロニー病はペニスの中の白膜という部分にしこりができる病気です。

しこりができたしまったことにより、海綿体が勃起の際にうまく伸びることができず、しこりに向かって曲がってしまいます。

痛みが伴う事もあり、その痛みのために勃起不全になる可能性もあると言われています。
勃起不全になること以外に、ペニスが曲がってしまうためにセックスが行えず支障をきたす場合があるので早めに治療するのが望ましいとされます。

自覚症状としては、ペニスにしこりができることです。
痛みやかゆみなどの症状もなく、半数が自然治癒すると言われていますが、中には悪性のしこり、つまり腫瘍になっているケースもあるのでペニスに異変を感じたらまず病院に行くことをおすすめします。

日本では、ペロニー病にかかっている人は2~3%と非常に少なく、欧米では勃起不全の原因として一般的な病気という認識でしたが、最近では東洋人の間でも有病率が高くなっているという情報もあります。

透析患者にペロニー病の症状が多いとされ、透析液に問題があるのではと考えられていましたが、酢酸(アセテート)透析液ではなく違う薬剤を使用した場合には有病率は低いとされています。

また、ペロニー病は進行性疾患であり、手術による治療はペニスが小さくなったり、結局曲がった状態が改善されなかったり、勃起不全などのリスクも高くなるとされてるので、手術を行う際には患者への精神的ケアも十分に考えて行う必要があるとされています。